CATEGORIES

NEWENTRYES

SEARCH

 

LINKS

RECENT COMMENTS

高校生と先生と楽しい食事
夏川賀央(04/28)
編集担当(04/28)
再開!酒井晃士さんの読書会
夏川賀央(03/23)
編集担当T(03/22)
目からウロコ!なぜユダヤ人がビジネスに強いのか?
編集担当(04/08)

ARCHIVES

「年賀状」の仕事術

相変わらずギリギリではありますが、
「年賀状書き」を始めています。

昨年は喪中だったぶん、
今年はちゃんとしなければいけません。

年賀状を書くといっても、
今はパソコンの住所録で印刷して
……という作業ですよね。

すでに年賀状は印刷してもらっているので、
そうそう手間はかからない……はず、
なんですが、
住所録が古いノートパソコンに入っていて
試しても立ち上がらなかった!!
ちょっとガックシではあります。

まあ、そう分量はありません。
宛名ソフトを購入して新規入力しよう
……と思いきや、
もう現在は、
「郵便局公式のフリーソフト」
なんてものが
ダウンロードできるんですね。

試したら結構、機能もついていて
なかなか便利!
ネット上にもデータを保管できるので、
これはかなり使い勝手いいかも
しれません。

しかもこれ、
年賀状本体のデザインもできるし、
11月中にデータ入稿すれば、
宛名まで込みで
印刷してもらえるたんですね。

ここでも
「すぐやる!」で、人生はうまくいく
の図式が成り立っていますが、
ネットからの注文で、
すべてを郵便局任せにできるみたい……。

ただ、あまりに便利になりすぎるのも、
「年賀状」の趣旨からすると、
ちょっと違和感がありますよね。

「あの人はあの町に住んでいたんだな」
……なんて顔を思い浮かべながら
住所を書き。
ひっくり返して
「今年も宜しくお願いします!」と書き、
軽くお辞儀したり。

ひと昔前は、そんなふうにして
年賀状を書いていた記憶があります。

これが一斉にデータを印刷してもらって
一斉配信……では、
なんだかメールを大量に撒くのと
あまり変わりません。
それじゃあ
「年賀状を省略する」というのも
よくわかりますよね。

伝えたいのは、やはり「思い」である
……とすれば、
面倒くさかろうが、非効率だろうが、
どこかにやはり「手書き感」は残したい。

メッセージ1つでもいいのかもしれません。
何かしら手書きした心は、
ぜひ添えたいものですね!



[効率無視の仕事術]
コメントはありません。
| | url | | |