CATEGORIES

NEWENTRYES

SEARCH

 

LINKS

RECENT COMMENTS

高校生と先生と楽しい食事
夏川賀央(04/28)
編集担当(04/28)
再開!酒井晃士さんの読書会
夏川賀央(03/23)
編集担当T(03/22)
目からウロコ!なぜユダヤ人がビジネスに強いのか?
編集担当(04/08)

ARCHIVES

この2人と、7時台の朝活です!

写真を見ると、
「おっ!」と思う方もいらっしゃるでしょう。

ブログには、
久しぶりに登場するお2人。

賢者の会」のアドバイザーであり、
のび太でも売れます。』の著者。
営業のエキスパートである
酒井晃士さんと。
その歳上の弟子、鈴木さん……ですね。

本日は早起きをして、品川へ。
お2人と「朝活」というか、
「朝打ち合わせ」をしてきました。
たまには爽やかでいいもんです!

何より酒井さん、
今年の6月には読書会を立ち上げよう
……ということで、
「賢者の会」でもミニセミナーで
お話をしていただきました。

それから本職のお仕事で
忙しくなったこともあり、
企画が少々、立ち止まっていたのですが、
ストップしたわけではありません。

来年からの開催に向け、
今日は29日の読書日に集まって
意見交換をした……ということです。

けっこう大きなものから小さなものまで、
いろんなアイデアも出ました。
試行錯誤は続きますが、大丈夫!
そのうちちゃんと動き出します(笑)

あらためて酒井さんの
『のび太でも売れます。』
という本を読むと、
「人生の軸は必ずあったほうがいい」
「ただ、その軸は、できれば柔軟性のある
『しなやかなものであってほしい』
という話が出ています。

目標を掲げ
「こんなふうにやるんだ」とか、
「こうでなければいけない」と
厳格に何かを決め込んでやろうとすると、
いろんな条件でそれができなかったときに
挫折することになってしまう。

でも、
「なんとなく」でしなやかに動けば、
つまずいたときでも、
試行錯誤しながら、
ゆっくりでも前に進むことができる。

ちょうど「ドラえもん」ののび太君が、
自分には無理なのに何かを始め、
できなくて
「ドラえもーーん」と助けを求めるのですが、
その助けで結局は、目的を達してしまう。

それでも
「できたこと」には変わらないんです。

何より、せっかく
楽しいことをやろうとしているのに、
無理に強制して枠組みをつくると
いつのまにかそれは
「やらなければならない大変なこと」に
なってしまいます。

それでは面白くない……ということで、
今回は読者会も
緩く動き出せばいいのではないか?
そんなふうに考えているわけです。

なのでまたきちんと動きだし、
皆様にも面白いコンテンツを
提供できるようにいたします。
いま少しお時間をくださいませです。



[賢者の会・賢者のビジネス研究所]
コメントはありません。
| | url | | |