CATEGORIES

NEWENTRYES

SEARCH

 

LINKS

RECENT COMMENTS

高校生と先生と楽しい食事
夏川賀央(04/28)
編集担当(04/28)
再開!酒井晃士さんの読書会
夏川賀央(03/23)
編集担当T(03/22)
目からウロコ!なぜユダヤ人がビジネスに強いのか?
編集担当(04/08)

ARCHIVES

スーフィーたちの受難

またエジプトでテロがありました。
モスクが襲撃され、
少なくとも235人の方が亡くなったとのこと。

エジプトは私も学生時代に、
数ヵ月を過ごした国。
おそらく日本を除けば、
いまのところ一番長く滞在した外国
……ということ。
なので本当に悲しく思うニュースです。
本当にお悔やみ申し上げます。

今回は観光客や
キリスト教徒が狙われたのでなく、
イスラム教のスーフィズムの寺院が
狙われたようです。
スーフィズム=神秘主義
と訳されますから、
何か怪しい教義を信仰している
カルトな教団のように聞こえてしまう。

じつはこれ、定義が難しいんですが、
イスラム教っていうのは、
アラーの神を信じる一神教で、
原則それを伝えたムハンマドの教えを
守る宗教です。

ただ、その教えを守ろうと、
その昔から修行に励んだ聖人たちが
やはり数多くいるわけです。

彼らが「スーフィー」と言われ、
その人々を神様のように敬う教えを
総じて「スーフィズム」とか
「神秘主義」と言っているようなんですね。

だから、信仰する聖人によって、
いろんな宗派があります。
やはり厳しい修行をするところもあれば、
写真のように
くるくる回る有名な
「舞踏」をするところもある。
キリスト教のように愛を説いていたり、
ゆるかったり、厳しかったり、
他宗教の教えも取り入れていたりと、
さまざまなんですね。

まあ、これはある意味、
禅の修行をするところもあれば、
ただ願いを叶えてくれるところもある。
なぜか神様がいたり、お地蔵さんがいたり、
踊り念仏があったり……という、
どこか日本の“何でもあり”の仏教と
似たところがあります。

私たちにとっては、
根本のイスラム教よりもわかりやすく、
通じ合えそうかもしれませんね。

ただ、厳格に教義を守ろうとする
原理主義者たちにとっては
相容れない存在になりやすい。
そこで歴史的にも、
受難を被ることが多かったわけです。

すでにISが目指した国は崩壊していますが、
他者を排除しようとする
自己本位な考えが存在する限り、
テロは絶えないのかもしれません。

「違う価値観」をちゃんと認め、
尊重できる世界に、
早くなってほしいものですね。



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「アジア史」入門はこちら
コメントはありません。
| | url | | |