CATEGORIES

NEWENTRYES

SEARCH

 

LINKS

RECENT COMMENTS

目からウロコ!なぜユダヤ人がビジネスに強いのか?
編集担当(04/08)
夏川賀央(04/08)
編集担当(04/08)
「あんぱん」の仕事術
夏川賀央(03/06)
編集担当(03/06)

ARCHIVES

世界的な「子供の日」に

子どもの日……といえば、
日本では5月5日ですが、
じつは11月20日というのは
世界的な「子どもの日」だったそうです。

1989年に国連で
「児童の権利に関する条約」が
世界的に採択されたことにちなんでいる
……とのことですね。

じつはこの
「児童の権利に関する条約」は、
その30年前に起草された
「児童の権利に関する宣言」を記念したもの。
世界を駆け回って
この起草に尽力したのが
小学校の先生だった1女性。
エグランティン・ジェップさん
……という方です。

ときは第一次世界大戦が始まるころ。
「神の啓示を受けた」とのことで、
いまで言う社会起業をイギリスで始めた彼女は、
やがて敵国だった
ドイツやオーストリアの子どもたちが
大変な貧困に苦しんでいることを知る。

そこで
「セーブ・ザ・チルドレン」
という団体をつくり、
「戦争に関係のない子どもたちを
国境の枠を超えて守ること」を
世界にうったえ続けたんですね。

インターネットもない時代、
とうとう国連まで巻き込んで、
世界的な採択をさせてしまったのは
かなりすごいこと。
「思いつき」でも、
その信念が人々の心を打てば、
世界を動かすことができるわけです。

ちなみにこの
「セーブ・ザ・チルドレン」。
3つの柱からなる活動をしているそうですが、
「子どもを尊重し、大切にする」
「子どもに生きる希望とあらゆる機会を提供する」
とともに、
「子どもから学ぶ」
ということも掲げているとか。

かつて
『大人の頭で考えない。』という本も書いた私。
実際、子どもたちと話せば、
常識を突破する発想に驚かされるし、
「わかりやすく説明する」
ということの難しさもわかる。
また、子供たちから得る情報には
新しい時代の変化を感じ取ることも
できるんですね。

とくに身近に子どもがいない方は、
ついつい大人の思考で固まってしまう。
こういう機会に思い出したいものです。

写真はその昔、静岡で、
子どもたち向けの講義をしたときのもの。
こういう活動は、
またどっかでできたらいいなあ……。




[効率無視の仕事術]
コメントはありません。
| | url | | |