CATEGORIES

NEWENTRYES

SEARCH

 

LINKS

RECENT COMMENTS

目からウロコ!なぜユダヤ人がビジネスに強いのか?
編集担当(04/08)
夏川賀央(04/08)
編集担当(04/08)
「あんぱん」の仕事術
夏川賀央(03/06)
編集担当(03/06)

ARCHIVES

「最強の騎兵隊」の夢の跡

池尻大橋の駅の近く、
小高い丘を登ったところに
東邦大学の大橋病院があります。

私は定期的に
母親をここへ連れてくるのですが、
その丘をさらに登ったところ、
団地の入り口にこんな巨大な碑があります。

「天覧台」……なんかすごい雰囲気ですが、
いまはその下、
高校のグランドになっています。

しかし明治時代にはここに
「陸軍騎兵学校」があったんですね。
その訓練の様子を、
ここから明治天皇がご覧になった
……とのことです。

「陸軍騎兵学校」というのは通称で、
もともとは「陸軍乗馬学校」として
麹町につくられました。
それがこの地に移転し、
「陸軍騎兵実施学校」となった。
「陸軍騎兵学校」
となったのは大正時代で、
その時代は習志野に移転します。

ということは日露戦争で活躍した
日本騎兵はここで生まれた
……ということになるのですが、
それを育成したのが有名な
「秋山好古さん」ですね。

「日本騎兵の父」と呼ばれ、
海軍で活躍した秋山真之さんの兄。
司馬遼太郎さんの小説
『坂の上の雲』の主人公です。

「男子は生涯一事をなせば足る」
……とはこの方の名言ですが、
生涯を「世界最強の騎兵隊をつくる」という
一点に捧げた方でした。

じつは当時、最強の騎兵とされたのは
ロシアのコサック兵だったのですが、
秋山さんは常識破り……というか、
掟破りの騎兵をつくった。

敵に遭遇するや、馬から下りて、
当時の最新兵器だった
機関銃をぶっ放す、という戦い方ですね。
これは機動力に加え、
火力もあるのですから圧倒的です。

そんなわけで英雄になった秋山さんですが、
あまり出世には興味もなく、
晩年は故郷の松山で
中学校の校長先生をしていたとか。

この地の学校もなくなり、
その後の日本の軍は暴走していくわけですが、
すると目黒の
「陸軍騎兵実施学校」は、
強かった日本の、
最後の武士道的戦士たちの跡地
……であるのかもしれないですね。



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「日本史」入門はこちら
コメントはありません。
| | url | | |