CATEGORIES

NEWENTRYES

SEARCH

 

LINKS

RECENT COMMENTS

高校生と先生と楽しい食事
夏川賀央(04/28)
編集担当(04/28)
再開!酒井晃士さんの読書会
夏川賀央(03/23)
編集担当T(03/22)
目からウロコ!なぜユダヤ人がビジネスに強いのか?
編集担当(04/08)

ARCHIVES

税務署の優しい人々

先日は久々に、
税務署に行く機会がありました。
会社の決算を税理士さんに任せてからは、
行く機会も少なかった……のですが、
今回は会社関係のことではありません。
「相続税」に関連すること
……ですね。

じつは当初は、
この件も税理士さんに頼んでいたのです。

父親からの相続ですが、
残った資産などはほとんどありません。
ただ、現在、私が住んでいる家と
土地があるだけ。
だから税理士さんも
「相続税はかからないだろう」と
考えていたのでしょう。
「ちょっと調べるだけしておきましょう」
と、ギリギリになってしまったらしい。

ところが、いざ調べてみると、
東京の地価が上がっています。
「ひょっとしたら、
相続税がかかってしまうかも……」となる、
「ここから先は料金が派生する」と
投げられてしまいました。

で、何をしていいか私もわからない。

まず市役所に行ってみる。
「そんな相談窓口はない」ので、
「弁護士の無料法律相談を受けてみなさい」
と、弁護士さんにお会いする。
弁護士さんは
「それは税理士に聞け」と言う。
再び税理士さんに聞くと、
「税務署に聞いてみては」と言う。

そんなこんなでやっとたどりついたのは、
税務署の資産課税を受け付けるところです。
ああ、そういうところがあったね
……という場所。
「相続税がかかるかもわからないんです」
と言うと、若い方が一緒に
まずパソコンで地価を調べてくれました。

ところがまたそこで、
ややこしい問題が起きます。
というのは、家が奥まっている関係で、
地価が算定しにくい……ということなんですね。

すでに相続税がかかるとすれば、
申告期限が切れています。
すると今度は
「誰かに相談してみる」ということで、
若い方でしたが、
地価評価のプロの方が登場します。

そこで図面などをプリントアウトし、
いろんな条件を考慮。
結果は……といえば、結局、
「相続税はかかりません」
ということだったんですね。

まあ書類の提出は必要……とのことで、
それも頭の痛い問題ではあるのですが、
当面の悩みはクリア。

いろいろ行きたくはない税務署ですが、
いざというときは頼れるのだな
……と、今回は本当に感謝いたしました。

誠意をもって仕事をしてくれる人は、
どこにでもちゃんと、いらっしゃるのですね。



[夏川が出会った「できる人」たち]
コメントはありません。
| | url | | |