「疲労」をなめてはいけません!!

先日は写真、
強い血管をつくれば健康になる!
(KKベストセラーズ)
という著書を出されているお医者さん、
杉岡充爾先生と
お話をする機会がありました!

この本、キャッチには
「なぜ、元気な人ほど突然死するのか」
……なんていう、
ちょっと恐ろしい文句がうたわれています。

まさに杉岡先生は
循環器系の救急医師として、
「昨日まで元気だった人が、
突然、倒れてしまった」
なんていうケースに対応してきました。

現在は船橋にある、
すぎおかクリニック」という病院で、
さまざまな内科の症状とともに
「副腎疲労」からの症状にも
対応されています。

「副腎疲労」とは聞き慣れない言葉
……かもしれませんが、
現代人にはいちばん深刻な
病気の原因かもしれません。

これが何かといえば、
慢性的な疲れがずっと蓄積されることにより、
「副腎」という
坑ストレスホルモンを出す臓器が
疲弊してしまうこと。

結果、疲れやストレスが解消されず、
体のさまざまな部位に異常が起こる。
最悪の場合、血管が詰まって
「心筋梗塞」を起こすわけです。

もちろんストレスが溜まれば、
脳にだって異常が起りますよね。
やる気がなくなり、
うつになっていく……と。
いま一番問題になる病ですよね。

原因は「疲れ」ですが、
「みなさん疲れていませんか?」といえば、
大勢の方が手を挙げると思います。
働いていれば、誰でもやっぱり疲れるんです。
それを克服して頑張る……のですが、
結果的に体や心に蓄積される。

昨日まで元気だった人は突然
……ということは他人事じゃないわけです。
いや何より、
この時間にブログを書いている私は
いちばん恐ろしいかも(苦笑)

どうするかといえば、
疲れを解消するような習慣づくりを
するしかありませんよね。

それが「強い血管をつくる」
ということにつながるのですが、
「疲れない体を手に入れた人」は
ターミネーターではありませんが
現代においていちばんの
「仕事ができる人」かもしれません!



[夏川が出会った「できる人」たち]
コメントはありません。
| | url | | |