「才能よりも努力」は正しかった!

本日は夏川が読んだ本の紹介。

先日の天気がよく涼しい日、
外にくり出して港区の自然教育園で
読んでみました。

やり抜く力(GRID)
(ダイヤモンド社、本体1600円)
という本。
ベストセラーになっている本ですね。

著者のアンジェラ・ダックワースさんは、
ハーバードやオックフォードなどの
超一流大学でずっと、
「偉大な仕事を成し遂げる人は、
どれほど生まれつきの才能に恵まれていたか」
を研究してきた心理学者です。

その結果、才能よりずっと大切なもの、
「やり抜く力」の重要性を
指標(グリット)で示したんですね。
その功績で2012年には
「マッカッサー賞」を授賞しました。

つまり言ってみれば、この本、
現代の『努力論』というわけです。
幸田露伴さんの本で言っている理屈を、
科学的に証明した
……ということでしょうか。

たとえばニュートンなどは、
子供のころの知能指数で言えば、
追いこぼれ寸前のレベル。
必ずしも幼少で非凡な実力を示した人が、
大人になって
偉業を達成したわけではありません。

一方で偉業を成し遂げた人は、
例外なく根気よく目標に取り組む
粘り強さや情熱、目的への執念や
哲学のようなものを持っている。

「才能×努力=スキル」
「スキル×努力=達成」
……と、
最近では流行らないかもしれませんが、
やはり「努力できるかどうか」は
大切なんです。

でも、
ならば「努力だけしていればいいか」といえば、
そんなことはない。
というよりも、そんな悲壮な努力では
人は持ちません。

まさに幸田露伴さんが
『努力論』で述べているように、
「努力を楽しめるようなメンタル」と、
臨機応変にやり方を変えたり
回り道をしたりして
長期戦でものごとに取り組める思考が
大切になるわけです。

まあ、たぶんこんなふうに、
森の中で勉強してみるのも
それはそれで1つの方法なのかも……。

とにかくもビジネスマインドの
原点に一度帰ってみる意味でも
読んでおきたい本ですね。

あとよかったら、
『努力論』のほうもです!(笑)



[常識転換の読書術]
コメントはありません。
| | url | | |