「池袋・丸善」の新しい戦略

先日は植西聡先生や、
日本読書療法学会の寺田真理子さんと
池袋のジュンク堂でお会いした
……のですが、
こちらにも寄りました。

8月にオープンした
「丸善 池袋」ですね。

「丸善」といえば、
老舗の本屋さんで、
東京駅のOAZOや日本橋に
大きな店舗があります。

でも、池袋のこの店舗。
入り口にはいきなり、
西武池袋線と、なぜか東武でなく
京浜急行……(笑)

なんでも特別な理由はなく、
社長さんが電車好きだからという、
それだけのようです。

しかし常識破りなのは、
それだけではありません。
大きな丸善の店舗ですが、
じつはここ「本屋さん」ではないんです。

中はブックカフェということで、
本は展示されているのですが、
飲食のできるお店。

日本橋の丸善が発祥とも言われる
「ハヤシライス」も、
ここで食べることができます。

さらに残りの半分は
ステーショナリー店で占めていました。

どうして本屋さんでないのか
……といえば?
おそらく理由は単純で、
すぐ近くのジュンク堂書店さんは、
すでに丸善のグループ会社になっています。

ならばそのジュンク堂と棲み分けを
……ということで、
こちらは「本屋さん色」を
前面に出しながらも、
「ここで本を読んでね」と言わんばかりの
場を提供するお店を
大胆にもつくってしまったわけです。

最近は本屋さんとスタバが
一緒になっているお店が出てきましたが、
それをさらに発展させた形でしょうか……。

この流れが出版文化にとって
いいのか悪いのかは、よくわかりません。

でも、今回はこの場で、
私も含めて、
3人の著者がお茶をしていたわけです。
こんなふうに、本を愛する人が
情報を受け取り、
また発信していく場になれば、
少しは業界も活性化するかもしれない!

ぜひ、近くに来たら
寄ってみてくださいね。



[公私混同の時間]
コメントはありません。
| | url | | |