人が人を助けようとしてきた、もう1つの歴史

夏川が読んだ本の紹介ですが、
本日はこちら。

医学の歴史
(梶田昭著、講談社学術文庫)
という本ですね。

人類史が始まって以来、
人の命を助けようと、
大勢の人々が医療の発展に努力してきた。
その歴史をダイジェストに
ずらずらーっと追いかけた本ですね。

何より世界はこの間、
東洋も西洋も戦争を繰り返し、
たくさんの国々が栄光盛衰しています。
その裏側で人類はこんな
素晴らしい歴史を築いてきたんだなと、
ちょっと誇らしくもなります。

その基本思想は、すでに紀元前4世紀に
確立されているんです。

「自身の能力と判断に従って、
患者に利すると思う治療法を選択し、
害と知る治療法を決して選択しない」

これは古代ギリシャの医師。
有名なヒポクラスが述べた
「ヒポクラスの誓い」の一節です。
いまでも宣誓する医学校はあります。

この「患者を利する医療」のために、
多くの医師が命を張ってきました。

ギリシャ・ローマの時代が終わると、
この思想はイスラム圏に受け継がれ、
イスラムの医者がさらに医療を発展させます。

そしてルネッサンス時代に、
この発展した医療がヨーロッパに再上陸し、
宗教的な枠を打ち破って
医学を科学的なものに発展させます。

これが江戸時代には
オランダから日本にももたらされ
杉田玄白ら蘭学者が、
保守的な幕府の体制に逆らい
『解体新書』などの翻訳を通し
日本にも医学革命を起こそうとします。

つまり政治や宗教や国境を越え、
「多く患者を助けよう」という
共通の目的を追いかける歴史は、
一貫して誰かの手によって
更新されてきたわけですね。

一緒に並べてみました。
幕末の1859年にイギリスで書かれた
スマイルズの「自助論」』にも
ジョン・ハンター、アンブローズ・パレ、
エドワード・ジェンナーといった
本書で取り上げている医師たちの奮闘が
書かれています。

人間のひたむきな努力によって
動いてきた歴史もちゃんとある
……ということですね。



[常識転換の読書術]
コメントはありません。
| | url | | |