賢者の会+ゆるどく、新しく始まる読書会

日曜日に行なわれた
「第52回・賢者の会」。
寺田真理子さんの講義のあとの
ミニセミナーでは、
のび太でも売れます。』(水王舎)の
酒井晃士さんが登場しました!

テーマは新しく始める
「読書会」についてですね。

酒井さんは大手通信会社に務める
営業マンでありながら、
「スゴ読」などの読書会を主宰し、
雑誌などに取り上げられたこともあります。

ミニセミナーでは
酒井さんが経験から培った
読書論を披露してくださいました。

最初に、お断りしておきます。
新しく始まる「読書会」。
「会」というよりサークルですし、
皆さんの期待するようなものでは
ないかもしれません。

というのは、こういうことなんです。

・リアルな読書会を開いても、
結局は集客で苦労し、メンバーは固定されて
クローズなものになってしまう
・だから著者を招く。
でも人が集まらないと著者には悪いし、
メンバーには結局、
その本を買ってもらうだけの場になってしまう

いまの時代、
「本を読む時間」をつくってもらうことだけで
大変です。
しかも勉強会方式で人を集めても、
仲間うちに本が紹介されるだけで
一向に応援したい本が世に広まるきっかけに
なりません

それでも酒井さんは、誰よりも本を愛する人。

応援したい本であっても
部数が制限され、
書店で本がなかなか目立つ場所に置かれない。
また宣伝費も削減されている現在で、
著者ばかりがせっせとお金を
投資するような状態を歓迎しないのは、
私と同じです。

そこで今回やるとことは、
「ただ皆さんに
とにかく本を読んでもらって、
この本、応援しているよ」
という意思を示してもらう……それだけ。

書評も必要ありません。
書いても読まない人が多いから、
ここではナシ(笑)
ただ、
「この場所でこの本を読んでいるよ」
という
「画像」だけを投稿してもらいます。

それをツイッターとインスタグラムの
ハッシュタグで統合し、
ずらずらと並べていきます。

そのために強引ですが、
「29日はブックの日
……肉の日のみにあらず」
ということを決めました(笑)

29日には本を読んで、
画像を投稿しよう!
……ということです。

いくいくはHPをつくるかも。
またイメージキャラも
これから生まれるかもしれません。
ふだんは「フード」のために
働いているキャラが、
ここだけは本のために出張かも……。

詳細はまた告知するようにします。
とにかく酒井さんも本気、
夏川も楽しもうと思っています。
ここから何かが始まっていくといいですね。



[賢者の会・賢者のビジネス研究所]
コメントはありません。
| | url | | |