上野の不忍池は「池」なのか?

ユリカモメと一緒に眺める
この水面。
こちら上野公園にある
「不忍池(しのばずのいけ)」ですね。

有名な観光地。
右のほうにちょっと見えているのが、
「弁天島」です。
桜のシーズンが終わり、
夏に向けては
ハスの季節になっていきます。

この「不忍池」。
弁天様も祀られ、
寛永寺につながっていますから、
てっきりお寺と一緒に
つくられたものと思っていました。

でも、そうではないんですね。
Wikiを見ると、
もともとは入江だったのが、
海と切り離されてできた
「天然の池」とあります。
つまり、
自然に生まれたもの……なんですね。

でも、そうすると疑問が1つ!
「池」って、
人工のものを言うんじゃないの?

池、沼、湖……。
仕事がらついつい定義を気にしてしまいますが、
実際はあいまいに使われています。

でも原則、「池」は人がつくったもの。
残りの2つは、
じつは「深さ」で決まるそうです。

水深5メートル以下=沼
5メートル以上=湖

すると「底なし沼」という言葉も
本当はおかしくて、
「底なし湖」が正しいんですね。
池もあまりに大きいと
相模湖などのように
「人工湖」と呼ばれますが、
正式には「貯水池」なんですね。

とすると水深1メートル以下の
「不忍池」は、
「沼」ということになるのか?
じつは大辞林などを見ると
「潟湖」という言い方をしています。

ただ、実際のところ
「不忍池」の天然の水はすでにほぼ失われ、
現在は上野駅からの水道水で
補充しているんだそうです。
そうすると
ほぼ人工の「池」には
近くなっているようです。

とはいえ
遠くにも見えるアシの林は、
湿地帯だった
東京の原風景をそのままに残しているんです。
だからこうして
東京都の鳥のユリカモメもやってくる。
(といって来たのは最近みたいですが)

なので不忍池は、
やはり原始時代の東京の姿を
そのままに残してはいるみたいです。
この周辺で見れるものは、
非常にバラエティにとんでいますね。



[公私混同の時間]
コメントはありません。
| | url | | |