エージェントさん、今日は創立13周年目でした!

本日は東京、丸の内にて、
私のエージェント。
アップルシード・エージェンシー」の
創立13周年のパーティに
参加してきました!

写真は『情報は1冊のノートにまとめなさい』や
『学問のすすめ』の現代語訳でお馴染みの
奥野宣之さんと、
アップルシードの宮原さん。
宮原さんは、夏川の本も
いくつもつくってくださっています。

その他、賢者の会でも講師をしてくださいました
プレゼンコンシェルジェの天野暢子さんに、
『絶対的な自信をつくる方法の』の
メンタルコーチ、森川陽太郎さん。
同社でメンタルコーチをしている、
もと“なでしこジャパン”の後藤史さん。
『五輪の書』を現代語訳している
城島明彦さん、などなど。

さらに私も長い間、
ずっとお世話になっている
数々の版元の編集者さんたち……と。
毎年この時期になると、
活躍している大勢の皆さんが集まります。
素晴らしいですよね。

社長の鬼塚忠さんが、
会社を立ち上げてからもう13年。
私も編集者時代を含めると、
創業時以来からの
長いお付き合いになります。

「夏川さん、編集協力だけでなく、
作家として本を書いてくださいよ!」
なんて言われたのが、
もう10年以上前の話になるんですね〜。
お陰さまで、
私の本もいまや29冊。

アップルシードはいまや、
日本でほぼ唯一の
著者エージェンシー企業として
出版界で独自の地位を確立しています。

その間、たくさんの
ベストセラー作家を誕生させ、
たくさんの映画原作を世に送り出し、
演劇やコンサートに、
動画関連の事業……と。
ものすごく幅の広い企業になっています。

年末にも『途中下車』という作品が
NHKでドラマ化されるとのこと。
会のオープニングは、
ドラマでは原田知世さんが演じる、
著者、北村森さんの奥さんが
オープニングの言葉を述べられました。
こちらも楽しみですね。

とにかく、出版のみならず
あらゆる日本のエンターテイメント産業が
斜陽になってきている今日。
アップルシードさんのような会社は、
なくてはならない存在だと思います。

これから私もさまざまな仕事で
協力させていただき、
業界の活性化に
努めていきたいものですね!

[お仕事のページ]


2014,10,09, Thu 01:10
デキる人研究所ブログ 】 comments (x)