「あきらめない」ということ

「最後の最後に一番いいジャンプ」

こちら銅メダルを獲得した
高梨沙羅選手の言葉。
金こそはなりませんでしたが、
本当に見事な飛躍でしたね。

平昌で行なわれいる冬季オリンピック。

今日は、日本人がメダル3つ。

男子モーグルで、原大智さんが銅。
女子スピードスケートで、
高木美帆さんが銀。
そして女子ノーマルヒルで、
高梨沙羅さんが、銅ということでした。

何より素晴らしいのは、
高木美帆さんと高梨沙羅さんは、
ともに4年前のソチで苦渋を味わった人
……です。

ワールドカップで勝ち続け、
「金は確実」と言われた高梨さんは、
本番で実力が発揮できず、
4位に終わってしまった。

天才少女と言われ続けた高木さんは、
選手にさえ選ばれませんでした。

それから4年です。
よくあきらめずに、努力を続けてきたんだなと。
本当に頭が下がりますね。

日本はどうも
「絶対、金メダルをとる」なんて、
成績をあおるところがあります。

ところが実際を見れば、
高梨選手などは世界中の選手のお手本になり、
そのスタイルを参考にして
より高い成績を出す選手が
どんどん登場しているわけです。
正直、今回はメダルもかなり
微妙なんじゃないかと思っていました。

でも、インタビューでは、
「まだ、あきらめない」と
しっかり言っていました。
希望は全然、捨てていないんですね。

オリンピックというのは、
1回きりの勝負です。
だから、そのとき、その日のタイミングで、
一生モノの結果が決まってしまう。
ある意味、非常に残酷なイベントです。

だから結果が出せるにしろ、出せないにしろ、
ここまでの踏ん張りを、
やっぱりもっと私たちは評価したい。

「天は自ら助くる者を助く」
とは、ご存じ『自助論』の冒頭ですが、
そうでないと、
私たちは自分たちの努力をも
否定することになってしまいます。

アスリートたちが伝えてくれるものを、
今回のオリンピックでもやはり
きちんと受け取りたいですね。



[奮い立たせてくれる言葉]
※過去の名言集、電子出版になっています!

「娼婦風」のお洒落なパスタとは?

昨日は鎌倉の
「佐助稲荷」を訪ねた……という話をしました。

こちらはその際のランチ。
ライター安藤智子さんがおススメの、
稲村ケ崎の海岸沿いにある
イタリアンレストラン
TAVERUNA RONDINO」で
食べたもの。

「ブッタネスカ」というパスタですが、
意味は
「娼婦風」ということですね。

「そういえば」なんですが、
「JOJOの奇妙な冒険」で、
スタンド使いのイタリアンシェフが
出していたのが、
このパスタだったようです。

にしても「娼婦風」とはまた、
すごいネーミングですよね。
世界で一番古くからある職業と言われますが、
それを大胆にも料理名に!

Wikiを見ると、定番パスタで
由来もさまざまな説があるようです。

その代表的なものが、
あまりにも忙しい娼婦さんが、
まかない的につくった料理……ということ。

入っているのは、
オリーブ、ガーリック、それにアンチョビと、
手軽な食材ばかり。
それをトマトソースで、ごった混ぜにする。
なるほど忙しくても、
簡単につくれるということですね。

自分で食べるだけでなく
「お客さんにこれを出していた」
ということもあったようです。
実際、美味しかったですからね。

さらに入っているものから、
疲労回復効果もあったことが想像できます。
忙しい仕事だったでしょうからねえ。

まあ、実際はよくわかりません。
ただ「娼婦風」というネーミングは、
いかにもイタリア人っぽいセンスですよね。
一種の“遊び心”で、
そう呼んでいるのではないか。
男性であれば、
試しに注文したくもなるでしょう。

ほかにたくさん、
おいしい料理のあるお洒落なレストラン。
海岸沿いの黄色い建物は、
非常に目立ちます。
テラスから見る海は、本当にキレイでしたねえ。
昨日は天気もよく、
遠くのウィンドサーフィンをしている人たちが、
本当に気持ちよさそうでした。

ぜひこちらへ来た際は、
寄ってみるといいのではないでしょうか!



[公私混同の時間]

知らなかった開運力!佐助稲荷の秘密

本日は車で鎌倉へ!

言いたいことが伝わる
上手な文章の書き方
』という著書もある
ライター・安藤智子さんの案内で、
編集者、
イラストレーターまじえた4人で
佐助稲荷を訪れました。

にしても鶴岡八幡宮や、
近くにある銭洗弁天や
長谷寺や大仏様をスルーしてまで
ここなのか?

じつはこの佐助稲荷、
鎌倉でもスバ抜けた開運スポット……だ、
とのこと。

安藤さんはお参りしてから、
本の増刷などが続き、
かなりの御利益があったとか。
そんなわけで、
今回はあらためてここにやってきた
……というわけです。

以前にもブログで紹介しましたが、
そもそもお稲荷さんが
源頼朝に平家討伐の好機が来たことを
示唆した……という
伝説のある場所です。

たくさんの鳥居をくぐって登ると、
奥には社殿と
もともとの祠があった場所。

大きな岩の隙間から流れてくる空気は、
確かに神聖なものを感じさせます。
そもそもは泉が湧き出る
水源でもあった場所なんですね。

こちらにはずらっと白いキツネ。
2体1組の陶器製で
なかなか可愛らしいのですが、
入り口近くの売店にて1500円で売っています。
これを奉納すると、
いいことがある……ということ。

家に飾ってもいい、
ということなので
私はお土産に買ってきました!
これから執筆する本が、
ヒットする力になればです。

安藤さんのヒット作は、
秀和システムさんからの出版。
一緒に行った編集者の田中さんも、
現在はこの会社に務めている。
そしてその田中さんがつくった本の1つが、
今月の賢者の会で講師をしてくださる
坂本玖実子さんの
『頑張らなくとも一日3200万円売れました。』
です。
https://www.facebook.com/events/145882769436136/

すべて偶然なのですが、
いろいろ連鎖している最近です。
神様の力はどこかに
はたらいているのかもしれませんね。





[賢者の会・賢者のビジネス研究所]

「フカヒレ」のアジア史

昨日は赤坂見附で
「ルネッサンス・アイズ」さんと、
打ち合わせをした話をしました。

こちらはそのときのランチ。
「フカヒレ」の煮込み……ですね。

さすがに姿煮とはいきませんでしたが、
こちらは1600円くらい。
サメの乱獲等で、
いわくのある高級食材ですが、
やっぱり美味しいですよねえ。
やみつきになります。

このサメのヒレを使った乾燥料理。
中華料理の一番高いものの1つ
……ですが、
そもそも中国で食べられるようになったのは
16世紀頃だという話。

アジアにはもっと古くから、
サメを食べていた民族がいました。
ほかならぬ日本人なんですね。

気仙沼などは、
産地としていまも有名です。

けれども、すぐに臭くなってしまうサメ。
わざわざ狙って釣り上げて、
食べたわけではありません。
網などにかかってしまったものを、
まあ、海の恵みかな……と
すり身にしたりして食べたんですね。
「かまぼこ」は代表でしょう。

ところが、中国でフカヒレが
大人気なった。
目をつけたのが江戸幕府でした。

鎖国していた日本ですが、
一応、中国は、
オランダとともに例外の1つ。

しかも本来なら、
捨てるか、しぶしぶ食べるか……の
二者選択だったスカ商品が
かの大陸に持っていけば
高額で売れるというんです。

そこで江戸時代、「ふかひれ」は
中国への主要輸出品の1つになったわけです!

つまりは、
フカヒレが中華の王道になったのは、
ほぼ日本のお陰。

日本が対外ビジネスが下手
……なんて話は、
まったく正確ではない。

江戸時代のころから、
いやじつは
仕事ができる人の「アジア史」入門
に書いたように、
太古から日本商人は
世界を相手にして活躍しているんですね。

そちらの伝統を、
これからの日本は
取り戻さねばならないかもです。



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「アジア史」入門はこちら

ルネッサンス・アイズさんで打ち合せをしてきました!

本日は、お仕事関連の話。

1月の「賢者の会」で
素晴らしいお話を聞かせていただいた
松尾一也さんの、
有名講師を多数プロデュースしている会社、
赤坂見附の「ルネッサンス・アイズ」で
打ち合わせをしてきました!

社長の松尾さんに、
昨年は講義もしていただきました。
副社長の加藤恵美さんに、
私と、賢者のビジネス研究所副代表の
藤原毅芳……。

考えてみれば、
いずれも最近に本を出している人間ばかり
……ですね。

松尾さんの
50代から、実る人、枯れる人』(海竜社)
加藤さんの
一流のプロ講師が実践している話し方
(あさ出版)

藤原の本だけ、
残念ながら手元になかったのですが、
秀和システムさんから、
図解シリーズ全6冊が発売されています!
http://amzn.to/2C4Pn5Z
「PDCA」「生産性」「時間術」「プレゼン」
「営業力」「マーケティング」
全部おさえると、
かなりの「できる人」になれそうですよね。

一応、私の
「すぐやる!」で、人生はうまくいく
(きずな出版)も、
並べさせていただきました。

まあ、そんな著者4人が集まった会合。
なんの話か……といえば、
いよいよ
「ルネッサンス・アイズ」+「賢者の会」で、
何かが始まるかもしれない!!

まあ、何かはこれからのお楽しみですが、
とりあえずは何らかのメディアには
なるのでしょう。
どうぞ楽しみにしてくださいませ(笑)

ホームページで見ればわかるように、
ものすごくたくさんの著者さんを抱え、
ものすごく豊富なコンテンツを持っている
会社さんです。

1月の「賢者の会」で
松尾さんの話を聞いた方であれば、
その深さは実感されたことと思います。

こちらはもっぱら、
執筆・編集・制作……といった
実務で磨いた経験ですが、
いろんな形でコラボできれば
可能性は大きく広がりそうですね。

すでに告知していますが、
2月24日に開催する
次回の「賢者の会」の講師。

「頑張らずに1日で3200万円」の
坂本玖実子さんも
講師としてルネッサンス・アイズに
所属している方。
不思議な縁を感じます。

こちらの会も楽しみにしてくださいね!
https://www.facebook.com/events/145882769436136/



[賢者の会・賢者のビジネス研究所]