戦争の記憶をどう「感じて」いくか

夏川が読んだ本の紹介……ですが、
8月15日は、
ご存じのように終戦記念日でした。
73回目、ということですね。

そこで紹介するのは、
「知覧」の誕生
(福間良明、山口誠著、柏書房)
という本。

じつは
人生に迷ったら知覧に行け
(きずな出版)
という本を書いている、
永松茂久先生に勧められて読んだ本です。

「知覧」というのは、
鹿児島県にある
特攻隊の基地があった場所。
記念館や資料館がつくられ、
現在は多くの人が集まる場所になっています。

特攻兵たちが、
出撃するまでのわずかな時間に
何を思い、何を考えたか……。
それを伝える場所になっているわけです。

ただ、本書は彼らの哀しみを語る本でも、
平和へのメッセージを語る本でも、
彼らの勇気を称える本でもありません。

ただ「知覧」という
戦争の哀しみを残す場所が、
この73年の間、
どのように解釈されてきたか……を
客観的に追求した本です。

実際、「知覧」という場所も、
英霊たちの勇気を称える場所から、
やがて戦争の哀しみを伝える場所になり、
そして現在はもっと本質的な、
特攻兵たちの「ありのままの思い」を
残す場所になっている。

多くの特攻兵たちは、
その理不尽さをちゃんとわかっていたし、
よく言われるような
「無意味な作戦」であることも
知っていた。

でも、どうにもならない運命を受け入れ。
残されたわずかな人生を使って、
「愛する人への感謝」を
つづりつづけたわけです。

私たちは、
それを憤りに変えることもできるし、
平和への思いに変えることもできる。

また、人間関係を見つめ直し、
自分の未熟さに気づき、
いまやるべきことを追求する力にして
受け継ぐこともできるわけです。

戦後、73年。
本書にあるように、すでに戦争は、
「記憶の共有」「記憶の継承」
という段階を過ぎ、
「記憶の復元」という段階に入っています。

もちろん戦争は、
二度と繰り返してはいけないこと。

だからこそ私たちは、
もっと現在の日常に感謝をしなければ
ならないのではないか。
そんなふうに思いますね。



[常識転換の読書術]

「敬天愛人」の秘密

先日の爆笑問題さんが出ていた
テレビ番組でも紹介されていました。

上野の西郷さんの像と、
「敬天愛人」……の碑ですね。

私の『君はこの言葉を知っているか?』を
ご覧になった方はご存じの通り、
本の冒頭を飾っている言葉でもあります。

日本を代表する経営者でもある
稲盛和夫さんは、
この西郷隆盛の声に動かされました。

「天は他人も自分も、同一に愛す存在です。
であれば、
人は自分を愛するのと同様に、
世の中にいる人々のことを愛さなくてはいけません」

西郷さん自身の言葉。
でも、単純に
「みんなを愛しましょう」といった、
生易しい言葉ではありません。

そこにあるのは、
極度なまでに「己」を捨てて、
人に尽くそうという姿勢。

結局、その信条を貫いた西郷さんは、
自ら立ち上げた政府と戦い、
西南戦争で散っていくことになったわけです。

じつは西郷さんが使った、
「敬天愛人」。
サミュエル・スマイルズの
『自助論』に影響されたのではないか
……という話があります。

「自助論」といえば、もちろん私も
スマイルズの「自助論」』を訳していますが、
『君はこの言葉を知っているか?』でも、
「敬天愛人」の次に紹介される
エピソードです。
トヨタ創業者の、豊田佐吉さんを
動かした言葉……として紹介しています。

その最初の日本訳は、
中村正直さんの『西国立志編』として
1871年に発刊していますが、
ここに「敬天愛人」という言葉が
初出しているんです。

「自主自立の志あり、艱難辛苦の行ないあり、
敬天愛人の誠意に原づき、もってよく世を済い、
民を利する」

「自助論」というのは、
まさに困難を乗り越え、
世の中のために尽くした
世界中の偉人たちの事例集。

そんな
「自分を捨てて、人のために尽くす」
なんて、
できるわけないよ……と思うのですが、
実際、やってしまって、
大きな成果を残した人々は、
ちゃんと存在している。

こうした先人の勇気の積み重ねが、
西郷さんに最後の力を
ふりしぼらせたんですね。

果たして現代にはどれくらい、
「敬天愛人」を
実行できる人がいるでしょうか?



Words of Wisdom〜君はこの言葉を知っているか?

ちょっと病みつきになる「ブランデー煎餅」

写真、お仕事の関係者から、
先日いただきました。

神奈川県は相模原市、
津久井せんべい」のセットですね。
津久井湖という湖の湖畔に、
本店があるそうです。

知らなかったのですが、
テレビでも紹介されている
有名なお店。
なかでも極めつけは、
内閣総理大臣賞を授賞している
……という、
「ブランデー」のお煎餅。

手前の白いものがそうですが、
食べるとビックリします。

ほのかな香りつけ……なんていう
レベルではありません。
思いっきりブランデーです。

お砂糖系の甘さに、
強烈なブランデーの味。
違和感がだんだん病みつきになり、
そのうち体があたたくなって
気持ちよくなってきます(笑)

これ、運転する前とかには、
食べるの禁止ですよね。
家に置いとくとき、
お子さんが手をつけないように
したほうがいいかも。

ちゃんとV.S.O.Pを使用した
本格的なブランデー味。
商品化には10年の歳月を費やしている
……とのことですが、
やってみるものですよねえ。

ほかに日本酒やワインのお煎餅も
つくっているそうですが、
別にお酒シリーズだけでなく、
カレーに、しょうがに、
コーヒーや抹茶に……と、
非常にラインナップは豊富。

もちろん、普通の醤油味や
のりを巻いたものもあるのですが、
郊外の不利な立地にかかわらず、
創意工夫とマーケティングによって
ブランドを築き上げたところと
言えそうですね。

ネット通販でも買えるので、
気になる方は、探してみてください。

いずれにしろ、美味しいものをいただき、
本当にありがとうございました!



[公私混同の時間]

「打ち水」の仕事術

JR東京駅の前に、
何やら四角い謎のエリア。
見るとその中で、子どもがはしゃいでいます。

これ一体何かといえば、
「打ち水システム」なんだそうですね。

打ち水といえば、
普通は玄関の前などに、水を撒くこと。
すぐ蒸発してしまうのですが、
こちらは違います。

じつは中が傾斜していて、
たえず水流をつくり、
暑さ5ミリくらいの水の膜が
ずっと張られる状態にしているわけです。

なるほど、子どもたちが裸足になって、
中を駆け回りたくなる
気持ちはわかりますね!

ただ、日本では
古来から行なわれてきた「打ち水」。
その効果は、かけた水が蒸発することで、
地面の熱を奪うことにあります。

すると気温も2度くらい下がるそうですが、
時間帯によっては湿度が上がり、
逆に体感温度が高くなってしまうことも
あるそうです。

ならば、この
「水の流しっぱなし状態」は、
本当に「打ち水」としての効果は
あるのか?

なんて疑問も持ってしまうのですが、
実際は今年の夏、
すでに表にずっといられないくらい暑い。
湿度だって、
今さら上がったくらいでどうなのよ
……という状態になっています。

すると「見た目の涼しさ」を
味わえるだけで、
十分な気もしますよね。
いいんじゃないだろうか、
これはこれで。

一般の打ち水は、
朝か夕方にやると効果的
……だとのこと。
とくにクーラーの室外機の近くでやると、
電力の節約にもなると言います。

水も貴重な資源。
ぜひ効果的に涼しさを味わうため、
うまく時間を見計らって、
打ち水をするといいのでしょう。



[公私混同の時間]

柏で始まった「お友だち」のプロジェクト

本日は千葉県の柏市で、
「パレット柏」で開催された、
NPO法人「環境物語」が主宰する、
記念すべき第1回目の
「幸せのサポート講話会」を
見学しに行ってきました!

この「環境物語」というグループ、
じつは
「賢者の会」に参加してくださっている
鬼澤さんを中心に、
動画の専門家・実藤さんが力を貸し、
新しく立ち上がった法人なんですね。

柏市の補助金も得て、
本格的に立ち上がったプロジェクト。
60人以上という大勢が集まっていましたが、
その中にはやっぱり
「賢者の会」で顔なじみの方も。
写真もやっぱり、
いつも撮影をお願いしている
山村さんが協力していました。

そして記念すべき第1回目の講師は、
やはり「賢者の会」では常連の方。

声とコミュニケーションの専門家であり、
声と言葉のプロが教える
 伝わる話し方

という本を書いている
のざききいこさんでした。

声優やナレーションをしている立場から、
私たちの勉強会では
コミュニケーション術を教えてくださった
きいこさん。

今回は会のテーマに合わせ、
「自分のデザイン」という
キャリアづくりの話をしてくださいました。

いつまでもチャレンジしながら、
自分をチェンジしていく。

人生における様々な
仕事の経験を経て語るきいこさんの言葉は、
やはり重みがありますね。

いずれにしろ、
私はそのつもりがなかったのですが、
いつのまにか人をつないで、
新しく生まれたプロジェクト。

私たちの勉強会よりは、
ずっと規模も大きく、市町村までを巻き込む
本格的なもの。
ですから恐縮ではあるのですが、
きっかけづくりができたことは
本当に嬉しいです!

ちなみに次回はやっぱり、
うちらの会からのつながりで
大谷更生さんが登壇されますよ!

可能な限り、
私もこのプロジェクトに協力していきます。

……でも、自分たちの会の
スケジュールを
きちんとしないとですけどね(苦笑)
8月過ぎたら、
ちゃんと「賢者の会」も再開しますよ!




[賢者の会・賢者のビジネス研究所]