高知から「とまっくま」がやってきました!

今日は新宿の
カフェハイチ」という場所で、
「2014夏 とまっくま祭」
という会が催されました!

何かといえば、
ブログでも何度か紹介しています。
高知でフルーツトマトをつくっている
ブランド農家さん、
ファーム輝」の麻岡夫妻が、
はるばる東京に出てくださったんですね。
そこでトマト料理を使った
懇親会が開催されたわけです。

じつは高知のトマトは、
この時期が農閑期だとのこと。
そこで毎年のように営業を兼ね、
東京の野菜ソムリエさんたちに
会いに来ています。

こういう「つながり」によって、
レストランや販売店など、
独自のお得意さまを見つけているんですね。

麻岡さんとの出会いは、
もう3、4年くらい昔に溯ります。
「本を読んでくださった」ということで、
フェイスブックで知り合い、
その後は地方旅行などでご一緒しました。
はるばる高知に出かけ、
トマトの収穫を手伝わせていただいたことも
あったんですね。

あれから夫妻はさらにパワーアップ!

今回は奥さんのまるさんが、
熊の着ぐるみに、トマトの被り物、
それにベリーダンスを衣裳で踊り、
「とまっくまのうた」
を披露してくださいました。

「優しい目をしたクマがいる
トマトの畑にクマがいる……」

まあ、よくわかりませんが(笑)、
もともと音楽学校を出て、
歌手として歌っていたこともある、
麻岡夫人。

しかも今回は、
「一生使える文章力養成講座」の
卒業生でもある阿久津さんが
ギターで伴奏もつけてくれました。

ともかくこんな調子で
楽しく人の輪をつなげている夫妻ですが、
いまは私のつながりも加え、
その幅はどんどん広くなっています。

とにかく、ムチャクチャ美味しい、
特別なトマトですからね。
ますますビジネスも広がって、
私も食べる機会が増えていけばいいな……。

今日はありがとうございました!

[夏川が出会った「できる人」たち]


2014,07,26, Sat 02:59
デキる人研究所ブログ 】 comments (x)